Subjective hearing ability study was published in Experimental Gerontology

正常聴力を持つ高齢者の主観的な聴力の評価が、処理速度と視空間認知と関係していることを明らかにしたコホート研究が、Experimental Gerontology誌に掲載されました。

健康な高齢者に対して、HHIE尺度を使い日常生活の様々な状況での聞こえ方の困難度を調べ、さらに、様々な認知機能検査を実施しました。その結果、HHIE尺度で調べた主観的聴力が低いものは、処理速度や視空間認知の成績が悪いことを明らかにしました。

この研究は、大学院生の河田ナタシャさん(現在:福井大学)が、博士論文と並行して実施した研究の成果です。

We found the significant association between a subjective hearing ability and cognitive performance. Older adults who feel lower hearing ability showed lower cognitive performances in processing speed and visuo-spatial ability.

Congratulations, Natasha!!

Kawata, N., Nouchi, R., Saito, T., and Kawashima, R. (2021). Subjective hearing handicap is associated with processing speed and visuospatial performance in older adults without severe hearing handicap, Experimental Gerontology, 156, 111614.

https://doi.org/10.1016/j.exger.2021.111614

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です