The combined Sulforaphane intake and brain training study was published in Nutrients

ブロッコリーなどに含まれるスルフォラファンと脳トレを組み合わせたコンビネーション介入が高齢者の認知機能に及ぼす影響について調べた論文が、Nutrients誌に掲載されました。

スルフォラファンを3か月間摂取すると処理速度や作業記憶成績が向上しました。一方で、脳トレは処理速度を改善させる効果があることが明らかになりました。残念ながら、スルフォラファン摂取と脳トレの組み合わせたの効果は得られませんでした。

この研究は、カゴメ(株)との共同研究の成果の一部です。

We investigated whether the combination intervention using sulforaphan intake and brain training has beneficial effects on cognitive functions in the healthy older adults. However, we did not any beneficial effects of the combined intervention. We firstly found the beneficial effects of the sulforaphan on processing speed and working memory performance.

Nouchi, R., Hu, Q., Saito, T., Kawata, N. Y. dos S., Nouchi, H., & Kawashima, R. (2021). Brain Training and Sulforaphane Intake Interventions Separately Improve Cognitive Performance in Healthy Older Adults, Whereas a Combination of These Interventions Does Not Have More Beneficial Effects: Evidence from a Randomized Controlled Trial. Nutrients13(2), 35

https://doi.org/10.3390/nu13020352

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です