Pain and QoL in older adults with and without dementia was published in Pain Management Nursing

基礎修練生としてベルゲン大学に留学していた我妻くんと山口くんの論文が、Pain Management Nursing誌に掲載されました。

老人ホームに住んでいる認知症高齢者と健常高齢者に対して痛みとQoLの関係を調べました。認知症の有無に関係なく、身体的な痛みをQoLを予測することが明らかになりました。

この研究は、ベルゲン大学のBettina教授たちの研究グループとの共同研究の成果の一つです。

We revealed that physical pain was associated with Qol in older adults with and without dementia. This is the first paper from undergraduate students (Shunta and Taizo). It is also an international collaborating study with Bergen University, Norway.

Congraturations, Shunta and Taizo!!

Wagatsuma, S., Yamaguchi, T., Berge, L., Husebo, B., Habiger, T., Nouchi, R., Angeles, R. How, Why and Where it Hurts—Breaking Down Pain Syndrome Among Nursing Home Patients With Dementia: A Cross-Sectional Analysis of the COSMOS Trial. Pain Management Nursing, in press.

https://doi.org/10.1016/j.pmn.2020.11.014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です