A new collaborative paper for dementia at Nursing home was published in JAMDA

高齢者施設に住んでいる認知症高齢者の向精神薬の使用とQoLの関係を調べた論文が、Journal of the American Medical Directors Association誌に採択されました。

この研究では、認知症の程度に関係なく、向精神薬を使用しているとQoLが低いことを明らかにしました。

この研究は、基礎修練生としてベルゲン大学に留学していた伊藤さん(東北大医学部生)の留学の成果です。ベルゲン大学医学部と東北大学加齢医学研究所による国際共同研究の成果の一部です。

We investigated the association between the number of psychotropic drugs and QoL at different stages of dementia. Our results showed the use of psychotropic drugs negatively affected the QoL in older adults with dementia.

This study was one of the international collaboration between IDAC, Tohoku University and University of Bergen. Congratulations Erika!!

Ito, E., Berge, L., Husebo, B., Nouchi, R., and Sandvik, R. (2020). The Negative Impact of Psychotropic Drug Use on Quality of Life in Nursing Home Patients at Different Stages of Dementia: Cross-Sectional Analyses from the COSMOS Trial. Journal of the American Medical Directors Association.

https://doi.org/10.1016/j.jamda.2020.03.028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です