A new structural MRI study was published in Brain and Behavior

自己没入感と脳形態の個人差を調べた論文がBrain and Behavior誌に採択されました。

We investigated the correlation between self preoccupations and gray matter volumes

Ikeda, S, Takeuchi, H, Taki, Y, Nouchi, R, et al. Neural substrates of self‐ and external‐preoccupation: A voxel‐based morphometry study. Brain Behavior. 2019; 9:e01267.

https://doi.org/10.1002/brb3.1267

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です